×
CAREER
キャリア支援制度
新しいサービス・ソリューションを世界のお客様に提供し続けるために、最も重要なものは「人」です。
JCBでは、社員が能力を最大限に発揮できる環境をつくり、一人ひとりの「自律的なキャリア開発」を支援します。
教育体系方針

自身の役割や、キャリア、現状を把握する機会を定期的に設けることで社員の学習意欲を最大化し、自ら選び、研鑽する機会を提供します。

自己研鑽

キャリアの節目に自身を理解することで、自律的に能力を高めてもらいます。

ラインアップ例
公募型の社内研修 ・実務スキル向上研修
・社内MBA研修
・仕事力強化研修
・JAC(JCB Autonomous learning Challenge)(※1)
・動画セミナー(※2)
・動画ライブラリ研修(※3)
外部研修 ・MBAスクール通学
・各種公開セミナー
・異業種交流研修
資格取得支援 ・資格取得奨励制度
・通信教育斡旋
語学スキルアップ支援 ・ビジネス英会話学習支援
・駐在員赴任前語学支援
ほか多数
(※1)セルフラーニングプログラム(複数コース(思考力強化コース、経営管理知識強化コースetc.)あり)
(※2)月次で決済業界の動向やトレンドを配信するプログラム
(※3)社内の情報(各部の業務概要や組織体制)や各種情報を動画でいつでも、どこでも学べるプラットフォーム
役割理解

階層別研修(新入社員研修や管理職研修等)などで、自身に求められる役割を理解してもらいます。

研修例(新入社員向け研修)
入社前研修 社会人として備えるべき意識の理解、ビジネスマナーの習得
入社後研修 社内知識・期待役割の理解、電話・対面応対などの基礎スキルの習得
実地研修 営業・オーソリ業務(※)の実地演習等による、お客様志向の醸成・対応スキルの向上
入社後フォローアップ研修 各部署へ配属後の仕事や取り組みを振り返り、今後の行動計画を策定するための内省プログラム
※会員がカードを使用する際、加盟店からの照会に対し、決済の承認可否を回答する業務
自己理解

自身を理解のうえ、自律的に能力を高めてもらいます。またキャリアの節目に自己理解をすることで、新たな成長課題を見つけてもらいます。

研修例
アセスメント研修 自身の能力発揮状況を客観的に把握する機会
キャリア研修 自身の積み上げてきた知識・スキルの棚卸、将来のキャリアを考えた研鑚計画の立案
定期面談 1年に1回人事部との面談を行い、自身のキャリア観をふまえた成長を支援
リモートワーク導入

社員が最大限にパフォーマンスを発揮できる環境と、柔軟なワークスタイルの実現にむけてリモートワークを一部導入しています。社員へシンクライアントPC(*)を配布し、外出先や自宅での業務を可能とすることで、社員が各自の状況にあわせて自律的に行動し、成果を創出する組織風土を創造しています。
*ファイルやソフトウェアを端末内に保存せず、ネットワークに接続しサーバ側で管理・処理する端末

海外トレーニー制度

海外業務を経験できる、若手社員を対象とした公募形式の制度です。
海外拠点ならではのビジネス経験により、国内外を問わず活躍できる人材の育成を目的としています。

各部業務勉強会

各部署の社員を講師とし、それぞれの部署の業務内容や背景、課題を共有することで、全社事業・業務に関する知識向上を目指します。
所属部署以外の知識をつけることで自らの仕事に活かし、各部が協力しながら仕事ができる環境をつくります。

Eラーニング

当社専用のEラーニングシステムを活用し、顧客志向・経理知識・法律など、JCB社員として働くために必要な知識を定期的に学びます。