×
BUSINESS
JCBの事業を知る
カードが発行され、お客様の手もとに届き、世界でご利用いただく。
その過程において、JCBの各部門がどのような役割を果たしているのか、ご紹介します。
お客様とJCBの仕事の関わり
カードを作る
国際カードブランドとして、自社でのカード発行のほか、国内外のパートナーとJCBカードの発行を拡大しています。カードがお客様の手元に届くまで、地域やニーズに合わせた商品・サービスの開発、営業やプロモーション、審査などさまざまな工程を経て発行されています。
カードを使う
毎日のお買い物でカードを利用いただけるよう、国内最大級の加盟店ネットワークを構築しています。また、不正使用を防ぐため、カード利用時の加盟店からの照会に対し、決済を承認できるか確認(オーソリ業務)を行っています。
支払い
カードを利用いただいた後には、加盟店への支払い・会員への請求が必要になります。カード利用代金の支払いが滞った際には、お支払いただくためのご案内を行い、引き続き安心して利用できるようサポートしています。
企業
カード事業を行う企業の一部の業務を、JCBが保有するシステムや業務基盤を活用して受託しています。またクレジットカードの「与信」「決済」「認証」の機能を活用し、企業の経費精算や購買など、経理処理の効率化をサポートしています。
全体にかかわる業務
JCBのブランド事業・加盟店事業・カード事業・プロセシング事業は、先進的なシステム基盤および高品質・低コストの業務基盤によって支えられています。
※本ページは、2020年度の組織構成で制作しています。

信用管理本部

JCBの信用管理業務における企画・制度構築と運用を担当しています。
主な業務は、利用代金の請求管理や信用リスクの管理などで、JCBの信用情報の取り扱いに関する全社統括機能を担っています。

信用管理本部イメージ
(※)会員がカードを使用する際、加盟店からの照会に対し、決済の承認可否を回答する業務