JCB社員の仕事と想い
WORK & HEART

Yoko Yokoyama
横山 陽子
2011年入社
営業統括部
JCBカードの普及に向けて
支社の円滑な営業活動を支える
※所属部署・役職は取材当時のものです
各支社の共通業務を担い
営業力向上をはかる

営業統括部は、支社の営業力向上のため、さまざまな支援・指導を行い、支社と各事業統括部門との調整をする部署です。そのなかで私は、主にキャンペーンの集約業務を担当しています。各支社では、年間を通してさまざまな販促キャンペーンを実施していますが、 キャンペーンに関わる各支社の共通業務をひとつにまとめ私たちが担うことで、支社の業務を軽減し業務の効率化をはかる狙いがあります。
キャンペーンの運営には、スケジュールの策定・管理から、告知文書の作成、社内の調整、そして抽選までさまざまな事務手続きや作業があります。そのうちの共通業務を集約して管理・運営するのが私の役割です。具体的には、実際の事務手続きや作業は、 事務開発部が行いますので、私は事務作業に必要なマニュアルを作成したり、マニュアルの作成により事務業務を標準化したり、事務開発部のオペレーターの方々からの問い合わせの対応をおこなっています。


幅広い業務を経験することで
新たな自分の能力を発見

就職活動中、さまざまな企業と出会うなかで、クレジットカードとはどのような業界で、どんな仕事なのだろうという好奇心から、JCBの会社説明会に参加しました。そこで、JCBが「日本発唯一の国際カードブランド」ということに誇りを持ち「挑戦」を続ける姿に、 共感と感銘を受けました。選考課程でお会いする社員の方々の明るく温かい人柄や、自分の仕事に誇りを持ちいきいきと語る姿が印象に残り、私のなりたい社会人像と重なったことがいちばんの入社動機でした。
入社以来、先輩や上司の方からたくさんのサポートをいただき、数多くのことを学び、毎日楽しく仕事をしています。仕事内容も、これまで支社の計数や予算の管理、収集ニーズの取りまとめなど、さまざまな仕事を経験させていただくなかで、 新たな知識・スキルを深めることができました。若手のうちから、部の要となる仕事を任せてもらうことは、自分の自信にもつながり、大きな財産にもなりました。


後輩たちのロールモデルとなる
頼られる存在を目指したい

入社にあたっては、転勤がないことや働き方を重視する観点からA職※を選びましたが、業務の幅が広がることで、学生時代には想像もしなかった知識や能力を得ることができたと思います。 例えば、計数・予算管理では、数学的な分析力を身につけたり、支社と本部のパイプ役としての調整能力をアップさせたり、現在の仕事でも事務の標準化や効率化を学んだり、幅広い業務を経験することで自身の成長を感じています。
これまで、先輩や上司、多くの人に支えられて成長できたと思っていますので、今後は少しでも支えていただいた周りの方々に恩返しができるよう、新たな領域・役割にも果敢にチャレンジして仕事の幅をさらに広げ、 他の社員の目標・模範となり、周囲に好影響を与えるような存在になりたいと思っています。

※2017年度までの職群制度です。