JCB社員の仕事と想い
WORK & HEART

Yuta Tarui
樽井 裕太
2015年入社
業務システム開発部
新たな開発手法の導入で、
さらなる業務の効率化を推進。
※所属部署・役職は取材当時のものです
「クラウドサービス」の導入により
業務効率化および事務ミス抑制の実現

私の役割は、業務効率化や事務ミス抑制に向けたシステム導入を円滑に行うことであり、導入に向けた社内外の調整や運用整備を行っています。とくに「クラウドサービス」の強みである、導入スケジュールの柔軟性やスピード性を活かすことで、これまで実現できなかった多岐に渡る業務のシステム化を実現しています。
これまでは、システム化により業務効率化や事務ミス抑制が図れる案件においても、費用対効果の面で対応が難しかったケースが多くありました。その課題を「クラウドサービス」の強みを活かすことで解決し、さまざまな業務のシステム化や現行システムの代替の実現が可能になりました。しかし、「クラウドサービス」の導入は、インターネット環境下での開発・活用となるため、情報セキュリティにおけるリスクを伴います。情報セキュリティの安全性を考慮し、常に多角的な観点で考えることが求められます。


いままでできなかったことを可能にする、
挑戦できる環境が仕事の醍醐味

就職活動の中でJCBの「チャレンジ精神」に惹かれ入社を決意したように、これまでやってない、新しい分野に挑戦できる環境が仕事の醍醐味であると感じています。そのなかで、自分自身が先導して新たなサービスを導入するという強い意気込みもあったので、実際クラウドサービスの導入により、いままでできなかったことを可能にすることは、大きなやりがいにも繋がっています。
実は私自身、現在の部署に異動になった時はクラウドサービスに関する知識も、システム開発の知識も全くない状態だったため、社内研修や外部ベンダー研修、自己研鑽を通じて勉強の日々でしたが、新しいことを毎日吸収し、成長を実感できることも仕事が楽しみのひとつでした。
現在、クラウドサービス導入に向けての準備は完了し、すでに開発に着手しているので、サービス導入による業務効率化や事務ミス抑制が実現されることをいまからとても楽しみにしています。


幅広い事業で経験を積むことで、
確かな成果の出せるゼネラリストを目指したい

JCBにはイシュアー、アクワイアラー、ブランド、プロセシングなど幅広い事業があり、さまざまな仕事にチャレンジする機会があります。「海外トレーニー制度」という若手社員が海外拠点での事業にチャレンジできる制度や、今後のキャリアプランに関して定期的に上司と面談する機会もあります。自身の意志や能力にあわせたキャリアの選択肢が豊富なことも、JCBの特長だと思います。
そして何より、職場の雰囲気や環境が自己成長を後押ししてくれます。私自身もそうでしたが、新たに配属になった部署において上司・先輩はもちろんのこと、周囲の社員が自身の成長の手助けをしてくれます。何か困った時や仕事に煮詰まった時にも相談しやすい雰囲気があり、的確なアドバイスをしてくれるのもJCBらしさのひとつだと思います。私はひとつの分野におけるスペシャリストを目指すのではなく、幅広い分野で活躍できるゼネラリストを目指していきます。そのためにも20~30代はさまざまな事業分野での仕事を通じて経験を積む修業期間として挑戦し続け、将来的にはどの事業においても確かな成果を創出できるような人材を目指していきたいと思っています。