JCB社員の仕事と想い
WORK & HEART

Kaori Takahashi
高橋 薫
2013年入社
コミュニケーション推進部(北海道支社)
お客様の期待を超え
最高の満足につなげる
※所属部署・役職は取材当時のものです
お客様の真のニーズをとらえ
正確かつ丁寧な対応を目指す

北海道支社にはコールセンターがいくつかあり、私の所属するグループは、お客様からのお問い合わせに対し、JCBが提供するサービスや融資のご案内などを行っています。そのなかで私は、問い合わせを受けるコミュニケーターを管理する立場として、働きやすい職場環境の構築やマニュアル整備などの業務を行っています。
コールセンター部門は、直接お客様の声を聴くことができるという重要な役割を担っており、まさに“JCBの顔”ともいえる仕事。お問い合わせに対して誤った案内や登録があるとお客様に多大な迷惑をおかけしてしまうので、つねに正確かつ丁寧な対応ができるようコミュニケーターへの指導を実施しています。お客様の要望は多岐に渡っており、お問い合わせ内容から「真のニーズ」をつねに探り、お客様の期待を超えられるような対応ができるよう心がけています。ひとりでも多くのJCBファンをつくるために、一つひとつのお問い合わせに対し、真摯に耳を傾け、コールセンター全体で課題解決やお客様満足につながるサービスを実践しています。


自分で考え挑戦することが
自分自身の成長につながる

私は大学時代に経済について学んでいくなかで、日常の生活をより便利に、豊かにするような仕事がしたいと思っていました。JCBは日本で唯一の国際カードブランドであり、フロントランナーとしてさまざまな商品やサービスを提供してきた歴史があります。カードは日常生活にとても密接にかかわっており、チャレンジし続けるJCBであれば日々の生活に付加価値を与えることができ、きっと私の想いをかなえることができるはず。そう確信して、志望しました。また、説明会や面接の際にお会いした社員の方々の魅力に引き込まれたのも、JCBへの志望度が高まったきっかけです。最終的には、私もこんな先輩たちのもとで働きたい。そのなかで自分自身を磨きながら成長していきたい。そして会社の成長にも貢献したいと思い、入社を決意しました。
実際に働いて感じたJCBの魅力は、若手にも責任のある仕事をどんどん任せてくれるところです。自分で考え、挑戦することで多くのことを学び、それが自分自身の成長につながっていることを入社以来、日々実感しています。


いつか人々の生活を豊かにする
サービスを提供する挑戦を

直接お客様の声を聴くことができる業務に携われているので、ゆくゆくはこの経験を活かし、お客様の目線・現場の目線を大切にしながら新しいサービスを創りたいです。そしてそれを国内だけではなく、海外にも広めることに挑戦したいと思っています。そのためには、日ごろのお客様対応のなかでいろいろな気づきを得ることが何より重要です。お客様が不便に感じているところ、わかりにくいと感じていることを繊細に察知して、どのようなサービスがあれば、さらにJCBのカード利用が活性化するかをつねに追求しなければ、と考えています。
これからは新しい仕事にも積極的にチャレンジしていきたいですし、いまの業務に精通したうえで、さまざまな部署で経験を積み、多様な視点、独自の発想をもって、人々の生活を豊かにするサービスを提供したいです。