JCB社員の仕事と想い
WORK & HEART

Satoko Ofuji
大藤 聡子
2017年入社
調査部

会員と外部委任先を繋ぐ橋渡しの役割により
効果的な債権管理の実現を目指す

※所属部署・役職は取材当時のものです
システム開発プロジェクトの調整役として、
業務効率化および事務ミス抑制を目指す

調査部は、JCB会員の未収債権削減のための効果的な債権管理を行うことがミッションです。私はそのなかで監理グループに所属しており、会員と交渉を進めるなかで、債権管理が難しいと判断した場合に、弁護士事務所に債権管理業務を委任し、JCBに代わって履行いただくための橋渡しの役割を担っています。
現在調査部では新たな債権管理業務のシステム化を進めています。これまで手作業に頼っていた入金業務の自動化や、債権管理のオートメーション化により大幅な業務集約が可能になります。私は外部委任を担当する立場から、部内のシステム担当者や社外の協力会社との調整役として、システム開発プロジェクトに参画しています。外部委任業務に関しても、これまで手作業でチェックしていた業務が自動化されることで、業務効率化と事務ミス抑制につながります。


「私もこんな風に仕事がしたい!」
入社前の想いがそのまま仕事の充実感へ

カードの仕事に興味を持ったきっかけは、学生時代のアパレル店でのアルバイト経験でした。カードの入会を勧めたお客様から「入会して良かった」と声をかけてもらったことが嬉しくて、もっとカードの利便性を世の中に広めたい、人々の生活を変えていきたいと思うようになりました。JCBを志望した理由は、日本で唯一の国際カードブランド会社であるという強みや、海外でもJCBの良さを広められることから、今後の可能性にあふれていると感じたからです。説明会や選考が進むなかで出会った社員が、楽しそうに、生き生きと仕事の話をしていて、「私もこんな風に仕事がしたい!」と憧れを抱いたことも、入社を決意した理由のひとつとなりました。
入社後、調査部監理グループに配属なった当初は社内の会議でさえ、何を話しているかまったく分からず、勉強する日々が続きました。徐々に仕事を覚えていき、自分が担当する業務も増え、先輩社員に助けられながらも、いまではシステム開発チームの一員として貢献できていることに、大きなやりがいを感じています。


JCBならではの社風と環境を追い風に、
確かな貢献ができるJCBパーソンを目指したい

私が感じるJCBの良さのひとつは、若手を育てる環境があることです。若手のうちから施策立案などの幅広い業務を任され、自身で考えたアイデアを積極的に先輩や上司に提案する機会も多くあります。例えば、新入社員の時に、より使いやすくなるようにチェックシートの改善を先輩に提案したところ、その内容が採用されました。自分で考え実行できるだけでなく、若手の意見にもきちんと耳を傾けてくれる環境が、自らの成長にもつながっていると思います。
2つ目は、上司や先輩に相談しやすい社風なことです。困ったこと、悩んでいること、うまくいかないこと、何でも相談に乗ってくれて、的確なアドバイスをくれます。困ったときにもすぐに対応してくれるので安心して働くことができます。現在の経験を活かして将来は「ゼロ」から「プラス」を生み出すような、新しいものを創る仕事に携わり、先輩社員たちと同様に、家庭と仕事を両立させながら、社会にも会社にも貢献できるようなJCBパーソンを目指していきたいです。