JCB社員の仕事と想い
WORK & HEART

Naoya Kuriyama
栗山 尚也
2017年入社
九州営業部(九州支社)
多様な角度からJCBの魅力を伝え、
世界中にJCBファンを広めたい。
※所属部署・役職は取材当時のものです
どうやってJCBを選んでもらうか、
JCBの魅力を伝える施策を通じて、さらなるJCBファンの拡大に挑む

九州地区の営業窓口として、JCBの魅力をお客様に届けられるようパートナー企業と連携しながら、JCB会員の拡大に向けて取り組んでいます。例えば、ガソリンスタンドや商業施設内にイベントブースを設けてプロモーションを仕掛けたり、広告やチラシを使ってJCBの魅力を伝えたり、さまざまな角度からのアプローチを行っています。
お客様がJCB、そして私自身のファンになっていただけたときに仕事のやりがいを感じています。現在、世界には5つの国際カードブランド、国内のカード発行会社も数え切れないほどあります。他のブランド会社やカード発行会社とどう差別化していくか。さまざまな選択肢のなかから、どうすればJCBを選んでもらえるか。そこを考えるのが仕事の難しさであり、面白さでもあります。私の考えたアイデアや施策が功を奏して、「栗山がいるからJCBにしよう」、「JCBが好きだからJCBにしよう」、そうお客様に言ってもらえた瞬間に、営業として最も喜びを感じます。


決済という分野を通して
社会とマルチに関わることで、
大きな自己成長へ

JCBに入社しようと思った理由は大きく分けて2つあります。ひとつは、世の中にマルチに関われて、自分自身が成長できると感じたからです。JCBは世界中のさまざまな業種・業態の企業とタッグを組んでいます。人々の生活に密接している決済という分野を通じて、世界と関わりを持つことで自分自身が大きく成長できるのではないかと考えました。
もうひとつは、働いている社員の方に魅力を感じたからです。説明会で社員の方々と話す機会があったのですが、皆さん目標や目指す姿をしっかりと持って日々の仕事に取り組んでいて、とても魅力的に感じました。そして、そんな人たちと一緒に仕事をしたいと思い、JCBへの入社を決めました。実際、入社後も尊敬できる先輩たちと一緒に仕事ができ、楽しみながら仕事をしています。若手にチャンスを与え、仕事を任せてもらえる社風も、JCBならではと感じています。


さまざまな業務フィールド経験し、
培った知識や経験を武器に、
JCBファンの拡大に貢献できる人材へ

私の夢はJCBのファンを世界中につくることです。現在は九州というフィールドでファンづくりを行っていますが、将来は日本中、世界中に増やしていきたいです。直接お客様に対して魅力を伝えていくだけでなく、世界にJCBの名前を轟かせるような便利なサービスやスキームを生み出し、さまざまな角度からJCBの魅力を多くのお客様に届けられればと思っています。
私に「JCBのファンをつくる」という目標を与えてくれたのは、上司にあたる担当部長でした。入社1年目のときに営業に同行するなかで、「JCBの顔として、どんなときも応援していただけるように日ごろからファンをつくるつもりで仕事に取り組みなさい」、と教えられました。最近、担当部長は異動しましたが、多くの取引先の方が異動を名残り惜しんでいたのが印象的でした。私も担当部長のような、お客様や部下から厚い信頼を寄せられる存在になりたいと思っています。