JCB社員の仕事と想い
WORK & HEART

Kumiko Kida
貴田 久美子
2008年入社
広報部
社外への情報発信を通して
JCBの企業価値向上を図る
※所属部署・役職は取材当時のものです
JCBを正確により広く
知ってもらうための情報発信

広報の仕事は大きく社内広報と社外広報の二つに分かれます。私は後者の社外広報を担当しています。マスメディア(報道機関)に配信するプレスリリースの作成・配信、マスメディアからの取材対応、 業界動向や自社に関する報道状況の社内展開などが主な業務になります。
社外広報のミッションは、社会的に影響力を持つマスメディアの方々にJCBについて正しく理解していただき、社会に広く情報発信していただくことで、ステークホルダーやお客様のJCBに対する理解を深め、信頼関係を築くことによりJCBの企業価値を高めることです。 より多くのマスメディアの方々の目にとまり、報道していただくため、プレスリリース原稿の書き方や配信のタイミングについても工夫をしています。また、マスメディアが求めているような、視聴者や読者の興味を引く情報を提供できるよう、 記者の方々と密なコミュニケーションを取り信頼関係を築くことも大切です。


担当者の想いや情報を
正しく伝える重要さとやりがい

当社の担当部署が一生懸命に取り組みリリースに至ったスキームやサービス、他社様との提携などがマスメディアに取りあげられ、その報道に対してステークホルダーの方やお客様からの反響があったときがいちばんのやりがいを感じる瞬間です。 取材前のヒアリング等を通して、担当者の想いや苦労を知っているので、喜びもひとしおです。
マスメディアの方々に加え、社内では社長をはじめとした経営陣や営業部など、さまざまな階層や部署の人間と仕事をする機会が多いので、とても刺激を受けます。また、JCBが今どんなことに力を入れ、これからどんなことをしていくのか全社的な動きが分かり、 学ぶことが多いのも、この業務のおもしろさのひとつです。マスメディアや社会がJCBという会社をどうとらえているか、外側からJCBを見る目も養うこともできます。その分、社外への情報発信を担う者としての責任の重みも痛感するとともにやりがいを感じます。


多角的な決済ソリューションを武器に
国際カードブランドとしての地位を高めたい

当社の良さは、各社員がチャレンジ精神をもって業務にあたり、年次や性別を問わず、上司や先輩が責任のある仕事を任せてくれるところだと感じています。
将来は、国際カードブランドとしての価値向上に寄与する業務に携わりたいと思っています。JCBは、ブランドとしてまだ成長の余地があると感じていますし、多角的な決済事業を展開するJCBだからこそ、ステークホルダーやお客様にご提供できることは多いと思います。
金融機関をはじめとしたさまざまな企業と提携を行うための営業活動に携わり、さらに多くの国・地域でJCBをご利用いただけるよう加盟店網の拡充やカードの発行拡大を目指していきたいです。